まろやかしらす干

紀伊水道で水揚げされた新鮮しらす

和歌山県の和歌ノ浦周辺は温暖な気候で古来より「しらす漁」が盛んです。
伝統の製法により仕上げた、こだわりのしらす干をご賞味ください。
産地直送!!新鮮なしらす干は味が違います。!!

あり長の五つのこだわり

一.鮮度が命
紀伊水道で水揚げされた新鮮なしらすを、鮮度がおちないうちに釜茹でします。

紀伊水道で水揚げされたばかりの新鮮なしらす

二.目利き
しらすは、季節や漁場によって、毎回鮮度や大きさ、食した時の味わいが変わってきます。
これまでの経験と勘により、新鮮でより美味しく頂けるしらすを選び仕入れます。

店主の経験と勘による目利き

三.絶妙の塩加減
当店は、しらすの状態(鮮度や大きさ)を見極め塩加減を調整し、うす塩で茹であげ、まろやかな味に仕上げています。口当たりが良く食べやすいので、お子様からお年寄りの方まで、安心してご賞味頂けます。

うす塩(低塩)で口当たりが良く食べやすいしらす

四.釜茹での仕方
昔ながらの手釜(かまど)と、現在の機械式(自動釜)での製法がありますが、いちばん美味しく、まろやかに茹であげられるのは機械式での製法です。
とは言っても、機械式で茹であげるのにも、昔ながらの伝統の製法が基本にあるので、釜ゆでの時間、火加減等は職人の経験によるものです。

釜ゆでの時間、火加減等は職人の経験

五.天日干し
当店は、機械乾燥は行わず、天日干し乾燥にこだわっています。
手間をかけ丁寧に作り上げるため、大量生産はできませんが、味にこだわるなら天日干しがイチバン。
海に面した工場と干し場は、環境が良く、元気な太陽の下、海風ときれいな空気によって、ふっくらプリプリのしらす干に仕上がります。

海に面した干し場

しらす干について

しらす干はイワシ類(カタクチイワシ・ウルメイワシなど)の稚魚を塩水で釜茹でした後、天日で干した食品です。
脂分の少ないカタクチイワシがしらす干に適しています。
牛乳と共にカルシウムを多く含む食品の代名詞であります。

しらす干とちりめんの違い

しらすを釜茹でしたすぐのものを「釜上げしらす」、さらに天日で干したものを「しらす干」、さらに天日にあて固くしたものを「ちりめん(上乾・上干)」と呼びます。

このページのトップへ